このブログについて 

管理人masakiがいろいろ書いています。近況+イラストが多め。
コメント返信は、コメントをいただいた記事にて。

完結済み小説→アルファポリス / 連載中小説→小説家になろう / イラスト→pixiv

※追記は拍手コメント返信です。
※16/8/30 一年以上更新がなく、また更新の見込みもないブログを対象として、リンク整理を行いました。
※17/6/19 しばらく返信が滞る可能性が濃厚になってしまいましたので、一時的にコメント欄を閉鎖しました。
                                            続きを読む≫

≪続きを閉じる

スポンサーサイト


category: 未分類

thread: 管理人からのお知らせ  -  janre: その他

TB: 1    CM: 1   

6/19 『星を待つひと』について 

本記事では、拙作『星を待つひと』を英訳してくださったLocksleyu様「日本とアメリカでは文化的に異なるところが少なからずあると思うのですが、『残夏』シリーズの中で特に日本的といいますか、文化的な違いを感じられた要素や考え方などはありましたか?」とお尋ねしたところ、『星を待つひと』に関するとても興味深いご回答がいただけましたので、そちらをご紹介しつつ、『星を待つひと』について少しお話しようと思います。


以下、水平線内は引用部になります。




1) 主人公が働きすぎて体調を壊してしまうところ。
僕は日本で働いたことがないので分かりませんが、日本人の友達などの話によりますと、日本では働きすぎというほどの残業、徹夜、過労死などが、社会問題と言えるほど、非常に多いらしいです。ちなみに個人的には、本職は週に40・50時間だけ働くようにしています。(60・70時間働くアメリカ人もいますが)


欧米の場合はわかりませんが、日本ではとにかくスピーディーに結果を出すことが求められることが多いように思います。そのため、叶えたい目標があったナオユキは、とにかく手早く・要領よくことを進めなくてはならず、短期に根を詰めすぎたことにより、彼自身の体力のなさが体に出てしまう結果になりました。日本の場合、不本意な過剰労働により体や心を壊す労働者が少なくありませんので、目標がある上で、自分の意志で働いていただけ、まだマシな方なのではないかと思うのですが……。


お話の中には書かれていませんが、ナオユキの職種は企画・営業系(文系大出身)だと思っています。定時が9:00~5:00、そこから残業をニ時間、自主残業として残業時間に換算されないサービス残業を数時間……というスケジュールを、少なくとも一ヶ月以上はしていたのではないかと……。こうして見ると、体力があっても体がもたなさそうなスケジュールです。


なお、今回のお話において、ナオユキが「目標をもって仕事に取り組んでいたのに、それを失った」ことは、ナオユキ自身の中にあった夢を受け入れるために用意された「心の隙間」であったりします。目標もなく働き(働かされ)、体を壊したという設定では、話の展開にそぐわなかったのですね。



2)イルカ狩り
最後の方にイルカ狩りの場面がでるのですが、以前から日本ではイルカ狩りをする村があるって新聞などで聞いていましたので、あまり驚きませんでしたが、アメリカではイルカってまるでペットみたいなイメージで、ペットを殺して食べるなんてぜったい無理だと思う人がほとんど、という気がします。
実は、『星を待つひと』をはじめて拝読した時、イルカ狩りのシーンまで読んだら、「やばい。。。これじゃ英訳書いたら文句言われそうだからやめとこうかな。。。」って思ってしまいました。しかし、最終的には「まあいいや」と諦めて、それでも訳してブログに載せました。文句ひとつも言われませんでしたが。
英訳については、なるべく原文の意味をそのまま英語にしたのですが、イルカの肉がお祭りに出るというところだけは少しカットさせていただきました。イルカ狩り自体は物語の大事な要素ですのでそのまま残しておきました。
ちなみに、生きて行くためならイルカでもどんな動物でも殺して食べるというのは、僕はごく自然だと思って、ぜんぜん構いません。


「イルカ狩り」……これ、実は私も非常に悩んだところでした。日本においても、うげっと思ってしまう方は少なくないんじゃないでしょうか。
国際的には捕鯨等も問題視されていますし、欧米ではそれがが標準的な感覚なんだと思います。イルカは見目もかわいらしいですし、高い知能を持っていることがわかっています。そんな動物を捕まえて殺すだけでなく、その肉を食べるなんて……。欧米の方からすれば、日本における「犬猫を食べるとかありえない」みたいな、そういう感覚なのかもしれません。日本では地域的に鯨肉を食用とする文化がまだ生きているので、ひとつの文化として許容する考え方をする方が多いのでしょう。

このようなご指摘をいただいておきながらこういうことを言うのはよくないかもしれませんが、イルカ肉、クセが強いらしいです。しかも、沖縄(※沖縄住です)でも食べられるとか……。身近にそういった文化が根づいていたことは知りませんでしたので、執筆後に知り、驚いた記憶があります。
一応、日本においてもイルカを狩るとか食べるとかいったことはスタンダードではなく、あくまで地域的な文化である、ということだけは申し上げておきたいと思います。


3)男同士の関係
実は、この点については自分がはじめて読んた時はぜんぜん気が付きませんでしたが、英訳を読んで下さった方から(英語で)「これってなんかBLっぽくない?」という感想を頂いて、よく考えてみたらまぁそういう風に捉えても可笑しくはないかという結論に至りました。 (BL=男性同性愛)
こういう要素は多分、アメリカにしても日本にしても以前よりも一般的に受け入れられるようになってきてるでしょうけど、少なくともアメリカでは多少きわどい(?)イメージはまだあるかと思います。そういう要素があるのを知ったら引く人もいれば、気になって読みたくなる人もいますので、一概には言えませんが。
これはあくまでも僕の個人的な意見ですが、やおいとか、アメリカより日本の方が、流行ってるような気もします。


こ、これは……!うーん、これ、なんとお答えしたらいいのやら……。そうかあ……やっぱりそう見えるかあ……。登場人物が男性二人のものを書くと、一度は言われるんですよねこれ……もう吹っ切れて自分でも言ってしまってたりしますが……。

えっと、男性が二人並んでいると、何の関係もなくてもカップリングに見えてしまうフィルターというものが世の中には存在しましてですね。今回のお話は心理描写が強めなのもありますし、二人の関係に運命的なものがあったこともあり、そういったフィルターを通して見れば「BLっぽい」という見え方になってしまうのでしょう。そういうことにしておきましょう……。


そういう見られ方が予想できたなら、なぜ片方を女性にしなかったのか、気になる方もいらっしゃると思うので、一応言及しておきますね。

ナオユキの方は、展開からして男性にせざるを得ませんでした。やや要領が悪く仕事一本なところもそうですし、正体の分からない何者かと裸の心で触れ合えるのは男性の方だろうという考えもありましたし、何より成人女性を夜の海に放り込みたくなかったんですね。そうじゃないだろう!という気持ちが自分の中にありました(笑) こういう点は、やはり書き手の好き好きなのかもしれませんが……。

また、ナナシが男性(オス?)になったのは、ナオユキの素の姿を出すためでした。二人の関わり方についてはともかく、相手が異性だったら、ナオユキの方もここまで自然に振る舞えなかったと思うんです。ナオユキが女性になっていたとしたら、ナナシも女性(メス?)に設定されていたかもしれませんね。ナナシに関しては、単純に、現代の砂浜に魔術師然とした男性がいる不思議な情景が書きたかったから、というのもあったのですが。


ちなみに私は、恋愛を描きたいのでない限り、基本的に登場人物は全員同性、それも男性に設定します。なぜなら女性には、女性にしかない独自要素が多すぎるためです。また、ファンタジー作品を書いているときは、「社会における女性の役割は、旅に出たり、剣を握って戦うことではないし、女性の造りはそれに適していない」という考え方を強く意識しているため、女性は冒険しないか、極度に振る舞いが男性に近い状態で登場することが多かったりします。

それは精神面も同じことで、少女はともかく(少女性ほど恐ろしくて手のつけられないものはないので、これはこれで扱いきれない)、物語における女性の心は「冒険しない」というか、現実主義であると私は考えています(あくまで個人的な考えです)。今回の主人公が男性であったのは、設定的に動かしやすかったからというのもあるのですが、「男性はいつまででも冒険できる、心に自由な郷がある」という考え方のためでもあるんです。


蛇足ですが、私には女性性を神聖視しているところがあるので、女性が女性として登場する場合はだいたい女神枠か母親枠です。少年性よりも自由で恐ろしい少女性×身体的・属性的な創造力という女性だけの独自要素を活かそうと思うと、神様になってしまうんですね……。



『星を待つひと』英訳版はこちら:『Final Days of Summer』(Locksleyu様)



category: 小話/作品について

TB: 0    CM: --    

5/24 お知らせもろもろ 

お知らせが遅くなってしまいましたが、夏を舞台とした現代短編集『残夏』から一作、『星を待つひと』を英訳していただきました。→『Final Days of Summer』(Locksleyu様)
17042701.png
ほぼ唯一の現代ものであることもあり、かなり思い入れのある作品なので、こういった形で手を加えていただける機会をいただけてとても嬉しいです。調子に乗って宣材まで作ってしまいました(笑)
すでに読了済みの方も含め、生まれ変わった拙作をぜひ読んでいただければなと思います。


これは報告したかしていなかったか思い出せないので改めてのご報告になるのですが、2月くらいに紀州文芸振興協会様主催のKino-Kuni文学賞にて『残夏』(紛らわしいですが、シリーズじゃなくて短編タイトルの方)が佳作をいただいておりました。もともとお気に入りの作品ではありましたが、さらに箔がついたといいますか、クオリティに不安なく読んでいただけるようになったかなあ。

もうひとつ。Com.ぎーこ様主催の『絶望アンソロジー』が関西コミティアにてイベント初出を経ましたので、寄稿いたしました短編をWEBにて全編公開いたしました。→『うたかたに焔』
まだあらすじも書けていない状態ですが、いつものものとはまた一味違った世界観だとか文体(特にこれにはめちゃくちゃ気を遣いました……!)になっておりますので、こちらもお読みいただけると嬉しいです。

なお、『うたかたに焔』クランクアップ後のダアト氏は:
17051602.png
という感じでしたが、本編はいたってシリアスですので、どうぞよろしくお願いいたします~!

……

▼シャルオーン/しずみやらくがき
17040802.png 
17051604.png 

▼ルーヴェンス衣装設定/顔グラフィック
17040703.png
170407022.png17040702.png170407024.png170407023.png
170407026.png170407025.png170407028.png170407027.png 

▼らくがき(ルーヴェンス)/全都魔術師連合章
17031203.png17051605.png

▼新規キャラデザ
17051701.png17042101.png


▼ささげもの
17042201.png 
表紙絵を描いていただいたお礼に描いたもの。

17052001.png17042103.png
誕生日祝い絵。

17042102.png
17043001.png


category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

5/20 

5/12~5/14の二泊三日で、姉と関西に行ってまいりました。
格安の旅券を取ったため、一日目と三日目はほとんど移動日という感じだったのですが、それらの日も含め、食べて食べて食べまくったお旅行でしたので、まずは写真を。
IMG_4593.jpg   
もともとは14日の関西コミティアに行きたくて考えはじめた旅行だったのですが、飛行機の時間の都合で、中日のUSJがメインになりました。福岡から来た姉と空港で合流以降の一日目の記憶がないので、そのあたりはすっ飛ばしてUSJの話をします。

前々から気になっていた、期間限定の進撃とゴジラの4Dシアター系アトラクション、めちゃくちゃよかったです!USJ行く一番の目的がこれだったのですが、期待以上に面白かった……!
ネタバレは控えますが、ゴジラのアトラクション前の配布物とか内容がすっごい良かったので、これから行かれる方はぜひ入っていただきたいです。コワクナイヨ!

そして、この前来たときよりもモンハンとエヴァのアトラクションがパワーアップしててもう……!
絶叫系の経験がほとんどなかった私氏、油断していたエヴァライドではじめて「アトラクションで叫ぶ」という体験をしました。「シンジ君?シンジくーん!!!」とか「安全に!!運搬してーーー!!!」とかって叫んだ覚えがあるようなないような。ついでに足を攣りました。スタッフさんに心配されたり、前に降りてらしたお客さんにベンチ譲ってもらったりしてしまった……。すごく混むので、並ぶならお早めに!
モンハンもね、すごいお話がきれいにまとまってて、4Dとかではないシアター形式なんだけど、すごく満足感がありました。映像きれいだし、案内のキャラクターがひょうきんでおもしろいしでこっちもおすすめ。

新しくできたミニオンのエリアも行ったんですが、あそこはまだすごく混み合うな~という感じだったので、ある程度期間を空けてから行ったほうがいいかもしれません。
ハリポタエリアに関しては、現在期間限定らしいプロジェクションマッピングを用いたナイトショーをやってるので、気になる方は今が行きどきかも。このショー、個人的には、「きれいだけども……!!視線誘導がんばって……!!」という感じでした。きれいだったよ!!ただどこ見ていいのかわかんなかったかな!そのあたり、もしかするとこれから改善されていくのかも。

三日目の話をするとしよう、と思ったんですが、手首が痛くなってきたのでこれくらいにしておきます。要約すると、「姉との涙の別れ!おみやげの用意はできたか?LCCターミナルで食う柿の葉寿司は美味い」。

今回の旅行メモやたら雑では!?と思われてしまいそうなんだけど、実は3/31~4/1の福岡就活旅行(こちらも姉と)とかいう記事すら書いていない旅行もあるのでご容赦ください。
ちなみにそちらも、めちゃくちゃおいしいハンバーグを食べたり、地元にないコンビニで甘いもの食べたり、ホテルで酒飲んだり、肉を狙ってくるトンビに怯えながらも桜まつり?みたいなやつの屋台なんかで食べたりとやっぱり食べて食べて食べまくっていただけです。旅の喜びは飯にあり。


category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

3/24 

3/17~3/20の3泊4日で、福岡・長崎旅行にいってきました。
帰ってきてからは忙しくてまとめる余裕がなかったので、思い出しつつざっくりまとめます。
IMG_4155.jpg
今回は、母、母の友人Cさん、姉(福岡住み)、妹、私での旅行でした。


一日目――
福岡空港着→レンタカー借→天ぷらひらお→ハウステンボス→ホテル

天ぷらひらおにて、姉と合流してお昼ごはん。前回の福岡旅行のときにもひらおの別店舗に行ったのですが、やっぱりめちゃくちゃおいしい。天ぷらももちろんそうなのですが、何より、つけあわせとして無料でおいてある、いかの塩辛がとてつもなくうまいのだ……。

続いて、車で長崎へ。ハウステンボス前にて母とCさんとは別れ、久々にあった姉を含めた姉妹三人でハウステンボスに入場。仮面舞踏会とかいうイベントの時期だったらしく、スタッフの皆さんの衣装に、仮面フェチの私は大変つらかったです。最高。

母・Cさんと合流し、ホテルへ。3人部屋だったのですが、まさかの二段ベッド(一人は上)に感激しました。二日目に上の段で寝ることになったのですが、天井が近いため密閉感があり、めちゃくちゃ寝やすかったです。どうでもいいなこの情報。


二日目――
ホテル→グラバー園→軍艦島→軍艦島デジタルミュージアム→長崎新地中華街にて夕食→ホテル

ホテルを出発し、まずは、当初の予定になかったグラバー園へ。ハウステンボスでも思ったことですが、やっぱり、洋風の建物ってすっごいかわいいんです……。なにがどうなってこんなにかわいいんだ……。ついでに、ちょうどやっていた試飲会でワインを味見させていただいて、「おばあちゃん家のたんすの匂いがする」などという情緒もクソもないコメントをしたアカウントがこちらになります。

続いて、小さい頃船酔いでひどい目にあったことがあるため船酔いにびびりつつ、なんとか軍艦島上陸してきました。廃墟というと負のイメージを抱きがちですが、軍艦島の場合は、日本の発展に従って自然と人が離れたというか、人がありがとうさよなら系の別れを告げた末の廃墟という感じで、なんだかとても感慨深かったです。あとトンビがやたら飛んでました。ピィーーーヒョロロロ……
お話してくださった軍艦島出身のガイドさんの解説もすばらしくて、船に乗っている間も退屈しなかった覚え。行きがけ、イージス艦や三菱のドック、造船所なども船から見ることができたので、そういうのが好きな方にもとてもおすすめです。そうそう、軍艦島グッズにはセンスを感じるものが多かったので、軍艦島に行く際にはぜひ。X階段Tシャツとかたまらんぞ……。

夕飯は中華街にて中華をいただきました。屋台で小籠包などを購入していたら、屋台のブレーカーが落ちて、アジア系のゆるかわいい店主さんがあたふたしていてかわいかった……。お姉さんの、ちょっとかたことの「よかです」がとんでもなく癒しでした……。


三日目――
ホテルチェックアウト→柳川下り→ホテルチェックイン

長崎のホテルをチェックアウトし、福岡に移動。からの、舟で柳川下りへ。船頭さんは愉快で歌のお上手な若い方でした。朝からなにも食べてないみたいなことをおっしゃってたけど、あの後ちゃんと食べたかな……?

舟をおりてからは、そのあたりの特産らしい、のりやらうなぎやらを堪能しました。うなぎ屋はかなりの行列でしたので、待っている間にお茶でもしよう!と入ったお茶屋さんで、普段使いのお茶やらお菓子の試食やらをいただいて、おしゃべりで盛り上がるなんてこともありました。お茶屋のおばあちゃんたち、すごく元気で楽しそうだったなあ。

串焼きのお店で夕食・反省会。お酒も入りつつ、皆で旅の感想なんかを言い合って盛り上がりました。ここで飲んだお酒が、すごくまろやかで苦味も少なくて感激したのですが、なんてお酒だったかなあ。あとで姉にきいてみよう。

福岡のホテルにチェックイン。今度は姉妹三人でダブルベッドを使うことになったので、しばらく修学旅行みたいなテンションになってしまって、なかなか眠れませんでした。狭い。


四日目――
ホテルチェックアウト→太宰府→レンタカー返却→福岡空港発

最終日です。母・Cさんとは別行動で太宰府へ。すごく混んでいたのでお参りはできなかったのですが、お守りを買ったり、梅ヶ枝餅なんかを食べつつ、参道をうろうろ。

天ぷらひらおにて姉と別れ、空港へ。シスコンなので、またしばらく姉と会えないことを思い出し、ちょっと涙目になりました(※この後、直近に福岡に行く予定が入り、まさかの再会をすることに。私が一番びっくりだよ!!)。レンタカーを返却、福岡空港でお土産など購入し、沖縄に帰ってきました。


そういえば。今回利用したレンタカー業者は格安だったのですが、その車が雨の高速(おそらく)で窓閉まらなくなったり、アクセルの踏み具合変わってないのに車体ガタンガタン言ってまして……。車体にもまんべんなく傷がついてて、前の持ち主ドリフトでもしたかな!!?って感じでしたし、走行距離はまさかの23万キロ超え……。とんでもねえ……。
私たちは無事生還できましたが、皆さん、レンタカーを借りる際は十分お気をつけて。うん、ネタにはなるけどね!?


category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

カテゴリ

検索フォーム

月別アーカイブ

リンク